【特養の介護職】施設長が代わりケアの質が落ちてしまった施設に未来はない!と悟った40歳の私の話。

【特養の介護職】施設長が代わりケアの質が落ちてしまった施設に未来はない!と悟った40歳の私の話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
40歳

【当時の職業】
無資格で特養で働いていました。

【当時の住まい】
一軒家に、夫と息子2人の4人暮らし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
その他





【就職のきっかけと経緯】
子どもがまだ小さかったため、時短で働け、定時に帰れるなど希望に添って働けるということで非常勤として入職を決めました。

【環境と仕事内容】
自宅から近く、車で10分程でした。
非常勤介護士として、8:30?15:00(1時間休憩)で、土日祝休みでした。
入所施設に所属し、利用者の生活援助全般の介助を行なっていました。
基本的に午前はフロアの見守り&コール対応などで、午後からは入浴介助の業務でした。
時給は最終的には900円でしたが、夫の扶養内で働いていたため、月に80,000円程でした。

【大変だった時期】
3年前に慕っていた施設長が転勤になり、苦手な上司が施設長になった時からずっと大変でした。




【大変だったこと】
若者が多くて、コミュニケーションをまともにとれる職員が少なく、意見交換などがなかなか難しかったです。
自分の思い描くケアとかけ離れたことをする職員が多く、いつもヤキモキしていました。
利用者からの職員の愚痴を聞くのがとても情けなかったですね。
全体的にケアの質が低く、会議などで意見を出しても改善されることはなく、やる気がだんだんと失われました。
利用者主体ではなく、介護する側が主体だなと思う場面が多く、胸が痛くなった事もあります。
人手不足で、同時に職員配置もギリギリで、負担も多くいつも気が抜けなかったのは今思い出すだけでも辛い思い出です。
信頼していた仲間もどんどん辞めてしまい、悩みを相談できる人もいませんでした。

【大変だった期間】
1年ぐらい続き、今でも続いています。




【当時の心境】
毎日仕事に行きたくなくて、どう理由つけて休もうかと考える日々でした。
子どもが体調が悪くなると『一緒に休める』と嬉しかったほどです。
職員との関係は最悪だったけど、利用者の方から『あんたが一番優しい』など言われ、そのおかげでまだやっていけたんだと思います。

【職場が大変だった原因】
人手不足だからと辞められたら困るから、上司があまり強く指導できない風習がありました。
また、注意されても特別気にしない人もいました。




【仕事で良かったこと】
特に入浴介助では、お風呂好きな楽しみにしている方が多く、とても満足している様子を見るのに癒されました。
フロア担当の時は、『あなたがいると安心する』や『美人だね。
かわいいね。
』など褒め上手な人が多く、いい気分になっていました。




【特にひどかった最悪の出来事】
若い子に多いのですが、挨拶などはしない、場を離れる時に何も言わずに離れることが多かったです。
特に苦手だった子は、軽く意見しただけなのに、機嫌が悪くなり無視したりされました。
必要なことを伝えても、無表情で頷くだけだったり、伝えても記録に残さないことも多々ありました。
やるべき事をしてもらえないことが一番残念でした。
また、不適切ケアも多く、無記名で何度も提出したけど、全然改善される事がありませんでした。
利用者に対しての態度などひどい時もあり、見るのが辛くなる事もありました。
この人達と同じ職場で働きたくはないと常に思っていました。
仕事仲間に相談しても、私と同じように感じてもらえなかったのも辛かったです。




【相談した人・助けてくれた人】
入職したての頃からずっと相談に乗ってもらったパート仲間がいましたが、1年前に辞めてしまいました。
その後はあまりざっくばらんに相談できる人はいませんでした。
愚痴を言える仲間はいましたが、なかなか本音では語れなかった。

【改善のための行動】
会議などで意見を出していたけど、文書のみでの伝達のため、そもそも問題がある人は、そのような文書は読みません。
そのため、改善されることはなかったですね。
『はいはい、また言ってるよ。
うるさいやつだな。
』と、きっと思われていたと思います。




【現在の状況と心境の変化】
我慢の限界になり、一ヶ月後に退職する事になりました。
年末に毎年意向調査というのを提出するのですが、その用紙にも違う施設に行きたいと申請しましたが、希望通りにはいかなそうなので、退職を決めました。
介護福祉士の試験を受けたばかりですが、それ以上に我慢の限界になってしまい、精神的に病む前に辞めたほうが良いと決めました。

【学んだこと】
非常勤だったため、意見を出したところで、まともに取り合ってもらえないことがわかりました。
そのためには、偉くなるしかないと思いました。



【当時の自分へのアドバイス】
改善して欲しい事をいくら上司に言っても直らないのだから、早めに転職をしたのほうがいいよと言いたいです。
施設長が代わった時点で、先は見えてはずだから、早めに違うところを見つけるべきだったと思います。
社員ばかりを大切にして、その他のパートなどを大切にしない施設に未来はない!さっさと見切りをつけなさいと言いたいです。