【居宅の介護支援専門員】はじめての居宅ケアマネ。上手くいくかと思ったらはっきり言って地獄だった。

【居宅の介護支援専門員】はじめての居宅ケアマネ。上手くいくかと思ったらはっきり言って地獄だった。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
42歳

【当時の職業】
居宅の介護支援専門員

【当時の住まい】
現在の住居です。
独居です。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
求人サイトから応募するといつしか転職サイト?が間に入り、おすすめされて現在の職場に。
ケアマネージャー志望でした。

【環境と仕事内容】
ショッピングモールに入っている事業所です。
デイサービス併設で非常に賑やかな職場環境です。
さらに、前にゲームセンターがあり、異常に喧しい職場環境です。
HSPの私には地獄以外の何物でもありません。
電話の声も聞こえにくい中、居宅のケアマネージャーとして自宅で生活されている方、また、同じ会社のサービス付き高齢者住宅に住んでいる方々のケアマネジメントをしています。

【大変だった時期】
最初から大変でした。




【大変だったこと】
とにかく音が洪水で煩いです。
デイサービスの声や音楽は全然気にならないのですが、ゲームセンターの音が最悪です。
太鼓でドンドンとか…。
また、居宅ケアマネは初めてなのですが唯一の先輩が忙しい人で基本いません。
いても電話してました。
結果、分からないことがあってもすぐに聞ける状況ではなく、いつも一人で悩んでいます。
サ高住も最近できた施設だそうで全職員頼りないです。
「〇〇さん、今日デイサービス行きたくないと言ってるんですがどうしましょう」「''さん、薬飲み間違えました、どうしましょう」という訳の分からない質問はザラです。
おまけに人が足りない時はデイサービスの送迎に駆り出されたり、なぜか買い物レクに付き合わされたりと、自分が何者なのか分かりません。
夜勤もしました。

【大変だった期間】
入職から現在も。
今は休職しています。
うつ病と診断されました。




【当時の心境】
憂鬱の一言です。
毎日死にたいと思っています。
苦痛しかありません。
嬉しかったことはありません。
全く楽しくありません。
楽しかったことなど一度もありませんでした。
強いて言うなら利用者様や家族様から感謝の言葉をいただいたことぐらいでしょうか。
あとは他事業所スタッフさんと上手く連携出来た時でしょうか。
この二点だけ辛うじてホッとした程度です。
後は音の洪水、余計な仕事だらけです。

【職場が大変だった原因】
環境面は喧しいことに尽きます。
社内のサ高住からはケアマネが後見人か管理者か何かと勘違いしているような扱いを受けたことでしょうか。
「△△さん転倒しました、どうしましょう」など電話する相手間違えてるでしょ、と思います。




【仕事で良かったこと】
やりがいは殆どありません。
辛いだけです。
休職中ですが退職の方向に行くと思います。
唯一、他のケアマネやスタッフに強烈なダメ出しをする家族様がいたのですが、その方に非常に褒めていただけたことは嬉しかったです。
その方の状況報告をしただけなのですが…。




【特にひどかった最悪の出来事】
たくさんありすぎて分かりません。
環境が煩いは何度か書きましたね。
デイの送迎の手伝いをする際も地図を渡されて土地勘のない場所に一人で行かされます。
フォローは特にありません。
”責任”をみんなで担うのではなく、バケツリレーのように責任を手渡すと後は知らぬ存ぜぬというのがこの会社にはびこっているイデオロギーなのだと気づかされました。
会社は一応研修などで地域ケアシステムなどを説明していますが、現場仕事をこなしているうちに根底から勘違いして別の方向に行ってしまっている人たちがたくさんいます。
また、数字至上主義なのかもしれません。
医師関係以外の全ての介護福祉サービスを持っているので、どんなにダメな事業所でもケアマネとして利用を推し進められます。




【相談した人・助けてくれた人】
上司にはよく相談しました。
忙しい人ですが話は聞いてくれます。
ただし、一つ欠点があり、上司は話を最後まで聞けない方です。
例えば「今日の夕食のデザートは何?」と聞きたいのに、「今日の夕食…」の時点で「ああ、今日はカレーで牛肉で云々」と答え始めてしまうような人です。
知りたい答えが返ってきません。

【改善のための行動】
無の境地になりました。
精神医学で言う、学習性無力の状態になっていました。
何をされても言われても抗わず、嫌がらず、ただ受け入れるのみという状態になっていました。
改善は期待できない状態でしたので心療内科に通い、薬を処方、診断書をいただき休職しています。




【現在の状況と心境の変化】
現在は休職から3か月経ちいくらか落ち着いてきましたが、それでも職場には正直言って戻りたくありません。
そこそこ大きい会社で他にもいろいろな事業所はあるようなのですが、職員の質が知れているので、また新たな苦痛が待っていることが明確だと感じています。
ゆっくり休んで退職を考えています。
先の事は明確なビジョンが考え浮かびません。

【学んだこと】
人が多い職場は自分に合っていないので要注意。
後は環境も大事です。
ゲームセンターの大きい音に苛まされる日々は想像がつきませんでした。



【当時の自分へのアドバイス】
面接ついでにはじめて職場を見た時、前がゲームセンターだったので、HSPの自分には「少ししんどいかな」と感じました。
この直感が正しいです。
辛いこと、苦しいこと、頭が重いこと、どうでもいいこと、時間が無駄なこと、死にたいことなどが多数降りかかってきます。
そんな中でも一応はケアマネジメントの仕事は何とか出来はします。
その経験だけ抽出して次に向けて生きましょう。