【初任者研修】デイサービスで大変な利用者様に目をつけられた。毎日個人にくるクレーム多数

【初任者研修】デイサービスで大変な利用者様に目をつけられた。毎日個人にくるクレーム多数

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
34歳

【当時の職業】
介護職員初任者研修

【当時の住まい】
地元に帰ってきてからは実家に住んでます。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
地元に帰ってきてから、新しく仕事を探していていろんな人に相談した結果介護の職場にたどり着きました。
安定職を探してました。

【環境と仕事内容】
職場は有料老人ホームでデイサービスがついているところで働いています。
デイサービスではすべての仕事をしております。
入浴介助、排泄介助、食事介助など
多岐にわたります。
職場は中間管理職がいないため今は一般職についています。
夜勤もしているため生活リズムは不規則です。
給与は上がりましたが、まだまだ安いです。
漁はありません。

【大変だった時期】
1年目から2年目が大変でした。




【大変だったこと】
夜勤者が少ないので休憩時間がなかなかとれません。
徘徊する利用者様が多いこと、不眠の方もいますので夜勤中は気が抜けません。
人員が少ないことから転倒事故なども定期的にあります。
また重度のかたもいるので人数が少ないと丁寧な介護もとても難しいと思います。
とにかくデイサービス中は速度も重視されているので、介護に真剣に取り組んでいる職員にはつらい職場だと思います。
安いところはこうゆう介護なんだな、と割り切って仕事に取り組む必要があるかと思います。
クレーム対応はあまりしませんが、事務職の方はクレームがくることもあるので大変というのは聞いています。
なので私はクレーム対応はしたくはありません。
とにかく生活リズムを整えるのが難しいです。

【大変だった期間】
2年くらい続きました。




【当時の心境】
精神的な苦痛はとにかくありました。
介護福祉士を取得して、その後ケアマネージャーになろうと思い、現場にいたのでそれまでは辛抱してでもその場で働こうという強い意志で仕事をしておりました。
なので目標があったことがとても重要だったと思います。

【職場が大変だった原因】
人で不足と大変な利用者様がたくさんいることがとても大変かと思います。
利益を取らないといけないので大変な利用者様で受け入れないといけないというのは会社理由でわかりますが、それなら職員に給与で還元しないと職員が増えません。




【仕事で良かったこと】
介護現場での経験は技量がつくので教科書にない、知識や経験が詰めるのはとてもいいことだと思います。
やりがいもあります。
難しい技術を覚えると達成感はとてもあるかと思います。
人間関係も認められるとよくなるかと思います。




【特にひどかった最悪の出来事】
気難しい利用者様に目を付けられるとクレームが毎日のように個人的にくるので、精神的に苦しくなることがありました。
毎日個人に陰湿な医事務がきます。
会社もあまりフォローしてくれず、自分でなんとか対応しろというスタンスなので味方があまりいないということで、苦しくなりました。
自分でなんとかするしかないので、とにかく前向きに利用者様にかかわっていき、認められてクレームが入らないようにがんばるしかないです。
しかし、そこまで頑張れる職員もあまりいないため、職員がやめていくことから、人員がどんどん厳しくなっていきました。
さらに利用者様からクレームが増えるという大変な状況が当時ありました。
あの時はとても最悪だったと思います。




【相談した人・助けてくれた人】
上記で書きましたが、相談する相手はいませんでした。
インターネットでどうすればよいか、他のみんなもどのようにクリアーしていっているのか、あの当時はよく調べてました。
大変便りになる、参考になる意見もありました。

【改善のための行動】
とにかく利用者さんにたくさん話しかけること、認識をしっかり持っているかたもいるので、味方になっていき、助けていけば印象がよくなりクレームも減っていきました。
そこまで大変ですが、前向きに努力を継続していくことです。




【現在の状況と心境の変化】
今思えば、あのとき頑張って今の職場にい続けてよかったと思います。
お給料もすこし上がりいろんな経験を積むことができました。
まだまだ現在も仕事でのストレスはありますが、昔に比べればかなり少なくなっております。
心は充実しており毎日楽しく仕事に取り組んでおります。
転職は考えておりmせんが、もし転職しても自信をもってします。

【学んだこと】
上記でも書いてますが、大変な課題をクリアーする経験は今後とても役に立ちます。
大きな山をクリアーできれば、小さい山は楽勝だと前向きになれました。



【当時の自分へのアドバイス】
当時に自分に今の自分がアドバイスするなら、その山(課題)はいずれクリアーできるから無理せず進んでいけばいいと声かけます。
自分を応援してくれる職員も必ずいるはずです。
前向きに真剣に仕事をすること、これが認められるポイントです。
周りの職員をどんどん声掛けて助けていきましょう。
するとどんどん働きやすくなります。