【病院のケアワーカー・介護福祉士】なにをするにも人間関係が大事。仕事がつらくても人間関係が充実していれば乗り越えられます。介護はブラックなところが多い。ほとんどは人員不足からだと思う。

【病院のケアワーカー・介護福祉士】なにをするにも人間関係が大事。仕事がつらくても人間関係が充実していれば乗り越えられます。介護はブラックなところが多い。ほとんどは人員不足からだと思う。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
26〜27歳

【当時の職業】
介護福祉士、病院でケアワーカー

【当時の住まい】
実家の一軒家で母と弟と3人ぐらし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
病院での介護業務をしてみたかった。
知り合いからの紹介で就職。
病院だとたくさん勉強できると思ったから。

【環境と仕事内容】
おむつ交換、トイレ誘導、介護業務全般。
人数は日中は3人から4人ほど。
通常業務の他に委員会や学会発表など兼務が多かった。
日勤、夜勤、遅番、早番あり。
24時間ナースコールが鳴り続け、リハビリ病棟であったが認知症患者が多く常に誰かが転倒したり、問題行動を起こす患者がたくさん。
目が離せないような患者ばかりであった。

【大変だった時期】
入社して2年目から、退職までの3年間が大変だった。




【大変だったこと】
夜勤後に明けで夜まで学会発表の資料作成をしなきゃ行けないくらいやることが多かった。
でも残業代は出ずタイムカードは定時で必ず押すように言われていた。
患者は認知症患者がほとんどでリハビリで病棟であったがリハビリもできないような患者も多かった。
そのため24時間ナースコールが鳴り続け、常に目が離せない患者ばかり。
目を離せば転倒、問題行動を起こす患者ばかり。
おむつをちぎる患者、寝ずに徘徊する患者、暴言や暴力をする患者、痰を吐く患者。
おまけに家族もクレーマーが多かった。
特に認知症を理解していない家族。
スタッフの不満は常に爆発寸前な状態だが上司は一切サポートなどしてくれず。
人員不足なのにやることが増えていくばかり。

【大変だった期間】
3年くらい続きました。




【当時の心境】
毎日、やめたい行きたくないと思うばかりでした。
でも職場の人間関係にはとても恵まれていまでも仲良くしています。
とにかく早くやめたい気持ちでいっぱいで毎日出勤するのが本当に苦痛であった。
身体的にも負担が大きく良くないと思っていた。

【職場が大変だった原因】
すべては人員が不足しているから。
会社の元々の勤務体制、給料、仕事内容全てに問題あり。
自分へ精一杯のことはしていた。




【仕事で良かったこと】
学会発表の準備はとても苦痛であったが、他の病院の発表を聞いたり研修にも参加させてもらいとても勉強にはなった。
患者さんなら少なからず感謝されることもあり嬉しかった。
感謝されると嫌なことを忘れてしまう程であった。




【特にひどかった最悪の出来事】
夜勤中に認知症患者が暴言を吐き暴れてしまい、叩かれたり蹴られたりしました。
汚れたおむつを投げつけられたり、痰を吐かれたりそれが日常的にある職場でした。
一晩徘徊に付き合ったり、興奮状態を抑えるための対応が苦痛だった。
他にも同様の患者がたくさんいてスタッフが気が滅入ってしまっていた。
患者家族からのクレームをも多く、精一杯対応してもクレームがくることにもガッカリしていた。
給料は低く、心身ともに負担となっていることに悲しくなっていた。
やはり暴言、暴力は心身ともに負担でした。
認知症専門の先生がおらず特に投薬もなしの認知症患者ばかりでしたから。
こちらの方が精神科に通わないと行けないくらいだったと思います。




【相談した人・助けてくれた人】
職場の人、同世代のひとたちと交流し愚痴を言いあった。
ご飯を食べに行ったり遊びに行ったり。
嫌な思い出を言い合ったりしていた。
上司には何度も相談したが全く動く気配なく、途中から話すことをあきらめていました。

【改善のための行動】
たくさん改善すべき点は上司に伝えてきましたが、すべて流されました。
途中から言っても無駄とあきらめていました。
また違う上司は1人で何事も決めることができない優柔不断な人で、話しているとこちらがさらにストレスを感じていた。




【現在の状況と心境の変化】
あれから2年は経ちましたが、現在の仕事は体にも負担がなくとてもラクです。
満足しています。
家庭の事情で休むことも出来なかったが、いまの職場になってから母が病気になり祖父母の介護もしなきゃいけなく度々お休みをもらっているがとても気持ちよく休みをくれるため助かっている。
前の職場にいたら絶対考えられません。

【学んだこと】
研修にいろいろ参加させてもらえたので介護技術はとても身につきました。
そのおかげでいまもスムーズに仕事できている。



【当時の自分へのアドバイス】
頑張って、としか言えないです。
職場はそこだけじゃないよ、もっといいところ絶対あるから
いまを頑張って乗り切って。
心身ともに負担になっているならすぐやめていいんだよ
人生長いからそこにいて神経をすり減らす必要はないよ
それに介護だけが仕事ぢゃない
でもよく頑張ったね、といいたい
あとはラクしていいんだよと言いたい